“職場体験付き”実務者・福祉コース

こちらでは“職場体験付き”実務者・福祉コースについて紹介いたします。

このコースでは、実務者研修、全身性障害者ガイドヘルパー研修の2つの修了認定を受けることができます。どのようなことを学ぶのか、何ができるようになるのかについて、ご説明します。

 

実務者研修

実務者研修修了後、介護福祉士へ

 実務者研修って何?

介護関係の求人票を見ると、免許・資格欄に「ヘルパー2級以上」「初任者研修以上」と書かれたものが多いのですが、実務者研修はこの条件に該当する研修です。そのため、介護職として仕事に就くには必要な研修といえます。

また、介護福祉士という国家資格があります。介護の仕事を続けていくために、介護福祉士はぜひ取ってほしい資格です。国も勤務先も取得を勧めており、介護福祉士の人数によって、勤務先の収入が上がるといった仕組みになっており、職員にとっても資格手当がアップします。

この介護福祉士国家試験を受けるには、介護のお仕事の経験3年とともに、実務者研修修了が義務づけられていきます。実務者研修とは一言でいうと、これから仕事をしながら介護福祉士になるためには必須の研修です。そのため今、実務者研修を受講することは、今後のメリットになるといえます。うちの生徒さんにはいつもこう言っています。

「実務者研修で介護職になることはできる。しかしそれは介護の世界に入るための入場券に過ぎない。新神戸駅には入れるが、新大阪にも行けない。介護福祉士というチケットをとって、初めて東京に行けるんよ。」

 

 実務者研修って難しい?

450時間プラスアルファ相当のカリキュラムが厚生労働省によって定められており、うちは平成25年に近畿厚生局より兵庫県下で初めて指定を受けた研修機関です。先ほどのとおり、このカリキュラムは介護職経験者向けにつくられている一方、生徒さんはこれから介護職になる人なので、うちでは未経験者向けの授業に力を入れています。まだお読みでない方は、まずはクウネルの授業の特徴を先にお読みください。

 

 他に力を入れている授業は?

職場体験実習です

認知症、失語症、片まひ、寝たきり、胃ろう、痰の吸引の必要な人・・・いろいろな状況の利用者さんがいらっしゃいます。介護職経験者だったら、どのような状況の人なのかわかっていますが、うちの生徒さんはそうではありません。だから職場体験実習を取り入れ、会って、話して、実感としてわかるようにしています。

 

 いろいろな職場での介護過程の授業です

職場では場当たりでなく、ひとりひとりの利用者さんにお聞きしながら計画をつくって介護をし、また見直しをしていくという仕組みがあります。これを介護過程と呼ぶのですが、介護職経験のない生徒さんのために、いろいろな職場から職員さんに来ていただいて、リアルな介護過程の授業をしています。訪問介護、デイサービス、小規模多機能、特別養護老人ホーム、グループホーム、有料老人ホーム、ケアハウス、・・・。これらは生徒さんにとって未来の職場でもあるため、自分の進路を考える機会にもなります。

 

 実物を使った医学の授業です

管で栄養を摂る経管栄養、吸引器で痰を取る喀痰吸引、人工肛門、人工膀胱、尿道に管を入れて排尿するための膀胱留置カテーテル・・・いろいろな医療処置が必要な利用者さんがいらっしゃいます。介護職経験のない生徒さんのために、人形を使った経管栄養、喀痰吸引の実技は、生徒さん4人につき先生1人で行います。またAEDを使った心肺蘇生の実技、血中の酸素飽和度を測定するパルスオキシメーターの装着実技、人工肛門、人工膀胱の袋の交換実技、膀胱留置カテーテルの挿入見学の授業もあります。医学の授業が難しくならないように、実物を使った授業を増やしています。

 

 介護だけでなく、知的障がい、発達障がい、精神障がいのある人への支援を考えます

高齢の人の介護、身体に障がいがある人の介護だけでなく、知的障がい、発達障がい、精神障がいを理解し、どのように支援をしていくかの実際について、学んでいきます。そして、そのような障がいがある人が利用されている生活介護や就労継続支援の職場体験実習を経験し、自分の進路とする先輩もいます。

 

教材を使った演習です

先生の授業を聞いてノートをとるだけでは、自分がどこまで理解しているのかがわかりません。そのため、適宜、教材演習の時間を設けています。テキストを使いながら、問題を解答していきます。テキストを読む時間にもなり、どのページに何が書かれているかもわかってきます。テキストを使いこなすことで、卒業後、今度は仕事の中で利用者さんの障がいのことなどを調べる術を身につけていただければと思っています。また、論述式のレポートは宿題の形で提供しており、日常の暮らしの中で、また実習を通して作成していきます。

 

保険事務に挑戦

介護保険の事業所はすべて介護報酬を請求して経営をしています。介護報酬の算出方法は、訪問介護、デイサービス、特別養護老人ホーム等の事業によって異なり、それぞれの報酬計算の仕組みを学んでいきます。

 

 たとえばどんな授業?

 実際に計算します

訪問介護、デイサービス、ショートステイ、福祉用具レンタルを利用している人の1ヶ月の負担額、各事業所の請求金額を計算します。利用者さんの立場にも、事業所の立場にも立つことができ、介護保険制度を経済面から捉えることができます。

 

 ケアマネジャーの立場に立って模擬演習

実際の利用者さんのDVDを見て、ケアマネジャーの立場に立ってケアプランをつくったり、ケアプランを修正していく演習を行います。その中で、利用者さんの1ヶ月の負担額がどのように変わっていくのかも実際に計算し、ケアマネジャーの仕事を模擬体験します。

 

 障がい者福祉を学びます。全身性障害者ガイドヘルパー研修

車いすを使って外出

正式名は全身性障害者移動支援事業従業者養成研修という長い名前なのですが、脊髄損傷などで車いすを使っている人が外出する際に介助を行うガイドヘルパーを養成するための研修です。兵庫県が定めたカリキュラムに則り、県障害福祉課に申請し、指定をとって実施しています。

 

 たとえばどんな授業?

 いろいろな車いすを使ってみる

車いすにはいろいろな種類があります。電動もあれば、背がリクライニングするものもあり、中には横に動くものもあります。実際にいろいろなタイプを使ってみて、その特徴を理解していきます。

 

 車いすで外出したとき、起きるかもしれない事故を予測してみる

雨で濡れた道、踏切の横断など、設定された事例の中で、起きうる事故を予測し、未然に防ぐにはどうしたらいいかをディスカッションしていきます。

 

 電車に乗って食事や買い物に行く車いす演習

車いすで三宮駅に行き、電車に乗って、ショッピングモールで食事や買い物をします。このときも、街中で起きうる事故を予測し、実際にどのように行動したかを検証していきます。

手続きの流れ

STEP1

ハローワークで相談

本コースは、どなたでも受講できるものではなく、現在求職中の方が介護職として再就職するための職業訓練です。ハローワークから受講指示、推薦を受けた方が応募します。

STEP2

コース説明会で詳細を聞く(参加は自由です)

コース説明会を適宜開催しています。お電話での質問もOKですが、会って質問できる機会もいいものですよ。実際に勉強をしていく会場も見られますし、選考会の会場下見にもなるかも。

STEP3

選考会を受ける

筆記試験と面接による選考会があります。

STEP4

合格する

入校式でお待ちしています。卒業まで一緒に勉強しましょう。

開講予定コースのご案内

訓練期間 令和元年6月28日 〜 令和元年12月27日
原則、日祝は休みです。
時間 9:00〜16:10(17:15までの日も数日あります)
なお現場実習中は1日8時間です。
場所 こうべ市民福祉交流センター(三宮駅より徒歩12分)他
必要な費用 教材費等14,364円、保険料4,800円、補講料(1h)2,000円
募集期間 令和元年5月8日 〜 令和元年6月7日
コース説明会 令和元年5月23日、6月5日 各10:00
説明会や見学希望の方は、事前にクウネルまで電話またはメールで、お名前、連絡先電話番号、希望日をお伝えください。
選考会 令和元年6月17日 9:30
▲このページのトップに戻る