科目別シラバス・担当講師名3

科目名(時間)・・・(7)認知症の理解(6時間)

担当講師名・・・加藤長年、鎌田松代

内容・実施計画

@認知症を取り巻く状況

認知症ケアの理念

パーソンセンタードケア/認知症ケアの視点(できることに着目する)

A医学的側面から見た認知症の基礎と健康管理

認知症の概念、認知症の原因疾患とその病態、原因疾患別ケアのポイント、健康管理

認知症の定義/もの忘れとの違い/せん妄の症状/健康管理(脱水・便秘・低栄養・低運動の防止、口腔ケア)/治療/薬物療法/認知症に使用される薬

B認知症に伴うこころとからだの変化と日常生活

(1)認知症の人の生活障害、心理・行動の特徴

認知症の中核症状/認知症の行動・心理症状(BPSD)/不適切なケア/生活環境で改善

(2)認知症の利用者への対応

本人の気持ちを推察する/プライドを傷つけない/相手の世界に合わせる/失敗しないような状況をつくる/すべての援助行為がコミュニケーションであると考えること/身体を通したコミュニケーション/相手の様子・表情・視線・姿勢などから気持ちを洞察する/認知症の進行に合わせたケア

C家族への支援

認知症の受容過程での援助/介護負担の軽減(レスパイトケア)

 

科目名(時間)・・・(8)障害の理解(3時間)

担当講師名・・・油谷佳典

内容・実施計画

@障害の基礎的理解

(1)障害の概念とICF

ICFの分類と医学的分類/ICFの考え方

(2)障害者福祉の基本理念

ノーマライゼーションの概念

A障害の医学的側面、生活障害、心理・行動の特徴、かかわり支援等の基礎的知識

(1)身体障害

視覚障害/聴覚、平衡障害/音声・言語・咀嚼障害/肢体不自由/内部障害

(2)知的障害

知的障害

(3)精神障害(高次脳機能障害・発達障害を含む)

統合失調症・気分(感情)障害・依存症などの精神疾患/高次脳機能障害/広汎性発達障害・学習障害・注意欠陥多動性障害などの発達障害

(4)その他の心理の機能障害

B家族の心理、かかわり支援の理解

家族への支援

障害の理解・障害の受容支援/介護負担の軽減

続きはこちらです

▲このページのトップに戻る