科目別シラバス・担当講師名1

科目名(時間)・・・(1)職務の理解(6時間)

担当講師名・・・春田圭子、関山真由美

内容・実施計画

@多様なサービスの理解

・介護保険サービス(居宅、施設)/介護保険外サービス

A介護職の仕事内容や働く現場の理解

・居宅、施設の多様な働く現場におけるそれぞれの仕事内容

・居宅、施設の実際のサービス提供現場の具体的イメージ(視聴覚教材の活用、現場職員の体験談、サービス事業所における受講者の選択による実習・見学等)

・ケアプランの位置付けに始まるサービスの提供に至るまでの一連の業務の流れとチームアプローチ・他職種、介護保険外サービスを含めた地域の社会資源との連携

 

科目名(時間)・・・(2)介護における尊厳の保持・自立支援(9時間)

担当講師名・・・油谷佳典

内容・実施計画

@人権と尊厳を支える介護

(1)人権と尊厳の保持

個人としての尊重/アドボカシー/エンパワメントの視点/「役割」の実感/尊厳のある暮らし/利用者のプライバシーの保護

(2)ICF

介護分野におけるICF

(3)QOL

QOLの考え方/生活の質

(4)ノーマライゼーション

ノーマライゼーションの考え方

(5)虐待防止・身体拘束禁止

身体拘束禁止/高齢者虐待防止法/高齢者の養護者支援

(6)個人の権利を守る制度の概要

個人情報保護法/成年後見制度/日常生活自立支援事業

A自立に向けた介護

(1)自立支援

自立・自律支援/残存能力の活用/動機の欲求/意欲を高める支援/個別性・個別ケア/重度化防止

(2)介護予防

介護予防の考え方

 

科目名(時間)・・・(3)介護の基本(6時間)

担当講師名・・・春田圭子

内容・実施計画

@介護職の役割、専門性と多職種との連携

(1)介護環境の特徴の理解

訪問介護と施設介護サービスの違い/地域包括ケアの方向性

(2)介護の専門性

重度化防止・遅延化の視点/利用者主体の支援姿勢/自立した生活を支えるための援助/根拠のある介護/チームケアの重要性/事業所内のチーム/多職種から成るチーム

(3)介護に関する職種

異なる専門性を持つ多職種の理解/介護支援専門員/サービス提供責任者/看護師等とチームとなり利用者を支える意味/互いの専門職能力を活用した効果的なサービスの提供/チームケアにおける役割分担

A介護職の職業倫理

職業倫理

専門職の倫理の意義/介護の倫理(介護福祉士の倫理と介護福祉士制度等)/介護職としての社会的責任/プライバシーの保護・尊重

B介護における安全の確保とリスクマネジメント

(1)介護における安全の確保

事故に結びつく要因を探り対応していく技術/リスクとハザード

(2)事故予防、安全対策

リスクマネジメント/分析の手法と視点/事故に至った経緯の報告(家族への報告、市町への報告等)/情報の共有

(3)感染対策

感染の原因と経路(感染源の排除、感染経路の遮断)/「感染」に対する正しい知識

C介護職の安全

介護職の心身の健康管理

介護職の健康管理が介護の質に影響/ストレスマネジメント/腰痛の予防に関する知識/手洗い・うがいの励行/手洗いの基本/感染症対策

続きはこちらです

▲このページのトップに戻る